メディカル・リンクは医療経営をサポートいたします。


主な仕事は、医療費の計算と患者様への応対
医療事務スタッフの主な仕事は、病院やクリニックでの医療費の計算と患者様への応対です。

医療機関において診療に対する健康保険の請求事務をはじめ、患者さんの負担金の徴収な どを行う会計業務や窓口での受付、患者応対、 カルテの作成など、医療機関内の医療事務全般を受け持ちます。
医療事務は一般の事務職と比べて、受付や会計など患者様と接することが多く、対人スキルが求められるのが特徴です。

受付

患者様が最初に訪れるのが「受付」です。つまり病院の顔です。笑顔で迅速・的確に応対します。初診受付の感じが患者様の病院の評価につながります。

請求業務

会計にて徴収した患者負担額を差し引いた診療費は国や健康保険組合などに請求します。この請求書を月末月初に作成する業務です。このレセプト作業が大変なのですがコンピュータによりレセコン処理を行うことにより、作業時間が大幅に短縮できます。

会計業務

健康保険(社会保険、国民保険等)などに加入している患者様は診療費の一部を窓口で支払います。この患者負担額を徴収するのが会計業務です。

オペレータ業務

診療が終わりますと診療費を算定し、実際に行った診療行為や投与した薬剤をカルテや処方箋などを、コンピュータに入力します。

カルテ管理

再来患者様の診療時に必要なカルテをすばやく検索し、診療室等に搬送したりします。電子カルテ管理されている病院が近年目立ちます。